★ Welcome to 映画「HERO」情報 Blog!
このブログでは映画「HERO」に関する情報をお届けします。
「HERO」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「HERO」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「HERO」に関する情報を

⇒武士の一分
⇒映画「HERO」
⇒木村拓哉と松たか子
⇒「HERO」出演者/キャスト
⇒連続ドラマ「HERO」
⇒「HERO」特別編
⇒コラム「HERO」
⇒ニュース 木村拓哉
⇒壁紙「HERO」
にまとめ「HERO」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

DVDでHEROを見ました

DVDでHEROを見ました。

ドラマや映画を見て大分たつので新鮮でした。




木村拓哉の次の作品に期待です。

木村拓哉 第3のステージに

映画版「HERO」。
映画としてみるといささか小規模な内容に感じますが
それも狙ってのこと。

脚本は25稿まで作り、1年がかりで練っている。
中には治外法権をテーマにしたり、久利生が特捜部に異動して
大型事件を扱う、といったスケールの大きいものも
あったたようですが
6年たっても変わらずコツコツやってることが
ファンの期待に応えることでは

との考えから今回の台本におさまった。

年月がたったことで、ファンをおきざりにしたくない、
という作り手側の思いがこめられているよう。

製作・配給する東宝も
香取慎吾の「西遊記」に続き、
2007年イチオシ銘柄として力を入れていて。

木村拓哉は今年すでに「武士の一分」で
20億円いけば大ヒットといわれる時代劇映画市場で
興行収入40億円を記録。

東宝宣伝部は
「HERO」は木村拓哉のホームグラウンドだけに
負けられない、と日本映画では過去最大級となる
470館あまりでの公開。
今年NO.1ヒットを狙う。

TVの記録がスクリーンにどう換算されるのか。
映画版「HERO」は木村拓哉の
第3ステージに向けた勝負作となるんでしょうかね。



ところで木村拓哉さん。
女性誌「anan」の恒例のアンケート調査
2007好きな男」で
14年連続の1位に輝きました。

2位には福山雅治。
14年連続ってハンパないレコードですね。
1位 キムタク 2位 福山 の構図はこの何年か続いています。

続いて中居正広が3位に入り、
さらに香取慎吾が6位、
稲垣吾郎が9位とSMAP勢が上位を独占。
トップ10内にジャニーズ事務所のタレント8人がランクイン。
ちなみに「嫌いな男」ランキングは、
お笑いタレントの江頭2:50さんが1位。

最大の敵と法廷

映画版「HERO」。
人気サイクルの早い時代に珍しく、
連ドラ放送時から6年たっての製作。

昨年の夏に特別編を放送しているが
これは30.9%の視聴率。
以前人気は高い。

支持される最大のポイントを考えると。
物事の本質だけをサラリと言ってのける
主人公像(久利生公平)
にある。
泣き落としも説教もない。
ここには
「変化球ではなく、
無回転でオールのど真ん中に突き刺さるような
セリフかシーンがほしい」

という木村拓哉からの要望も反映されている。

映画版のKEYWORDを挙げるとなると。
「最大の敵」と「法廷」

木村拓哉
演じる「久利生」の前に立ちはだかるのは。
刑事事件無罪獲得率日本一の
弁護士・蒲生(松本幸四郎)。
検事あがりで捜査の粘りは
久利生(木村拓哉)そっくりというクセモノ。
2人はある傷害致死事件の裁判で顔を合わせる。
蒲生ほどの大物弁護士が新聞にも大して扱われない事件を
担当していることに久利生たちは疑問を禁じえない。
やがてこの事件の容疑者は
ある大物代議士の事件と絡んでいると知るが、
蒲生の手腕に久利生は窮地に立たされる。

「最大の敵」と「法廷」

今作のキーワード。
法廷でのシーンが多く、すこし地味に写るかもしれません。
しかしそれだけに木村拓哉の窮地に立つ表情や
心情が前面に表れる作品です。

【 HERO 予告編 】

『HERO』興行収入10億!猛烈な勢い!

HERO』興行収入10億!
『ヱヴァンゲリオン』を抜く!


日本映画史上過去最大となる475スクリーンでの公開。
話題の映画『HERO』。

公開初日9月8日(土)から2日間で、
動員約75万人

興収10億円を突破

コレはすごすぎ!
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。
これも話題でもちきりでしたが
初日2日間で約2億8千万円。

映画『HERO』。
2001年、フジTV系列で放送され
大ヒットとなった木村拓哉主演のドラマ
『HERO』の映画版。
ドラマでは、主人公である“型破りの検事”
久利生公平(木村拓哉)が、
事件の大小に関わらず真実を追い求める姿が人気を呼び、
全エピソードの平均視聴率は30%以上を記録。

映画版では今までにない試練の前で
ドラマのレギュラー陣に加え、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、
イ・ビョンホンらの出演も話題。


客層を調べると男女比31:69

年齢別では20代が31.7%と最も高く、
続いて40代20.4%、
30代17.2%、
16歳〜19歳15.9%

と幅広い。
また職業別では会社員が46.5%と約半数を占めた。

鑑賞動機をヒアリングすると、
「テレビシリーズのファンだから」
「内容が面白そうだから」
「木村拓哉のファンだから」
「出演者が魅力的」

という声も多くきかれた。

97.4%がTVシリーズを何らかの形で見ていたと答え、
満足度も98.9%

と近年稀に見る高評価。
客層の広さや口コミでの広がり、
ドラマ人気を考慮すると
100億円も射程圏内といえるメガヒットスタート。

木村拓哉さんや松たか子さん、
頑張って番宣したかいありましたね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。