★ Welcome to 映画「HERO」情報 Blog!
このブログでは映画「HERO」に関する情報をお届けします。
「HERO」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「HERO」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「HERO」に関する情報を

⇒武士の一分
⇒映画「HERO」
⇒木村拓哉と松たか子
⇒「HERO」出演者/キャスト
⇒連続ドラマ「HERO」
⇒「HERO」特別編
⇒コラム「HERO」
⇒ニュース 木村拓哉
⇒壁紙「HERO」
にまとめ「HERO」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

「HERO」壁紙

毎度おなじみ東京地検・城西支部の型破り検事:久利生公平(木村拓哉)
同僚の芝山検事が起訴したある事件の裁判を担当。
容疑者が既に犯行を認めている簡単な事件だった。
が・・・初公判で一転、無罪を主張。
久利生(木村拓哉)の前に「刑事事件無罪獲得数日本一」の
弁護士・蒲生一臣が立ちはだかる。
新聞にもさして大きく扱われなかった事件をなぜ敏腕弁護士が担当するのか?
戸惑う久利生(木村拓哉)に対し、蒲生は冷静かつ巧みな戦術で
久利生を窮地に追い込む。
一方、東京地検特捜部の薫検事。
この事件の判決が、大物代議士・花岡練三郎
贈収賄事件の鍵を握っているという。
久利生(木村拓哉)にしても花岡とは過去に因縁のある相手。
あくまでも自分が担当する事件の真実を明らかにしようと
久利生(木村拓哉)は事務官の雨宮と奔走。
得た情報を元に二人は韓国・釜山へ。
東京地検は韓国のエリート検事カン・ミンウ(イ・ビョンホン)に捜査協力を要請する。

映画「HERO」壁紙はコチラ


シンプルバージョン

東京地検バージョン

オーソドックスバージョン

久利生公平、最大の危機バージョン
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53210399

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。