★ Welcome to 映画「HERO」情報 Blog!
このブログでは映画「HERO」に関する情報をお届けします。
「HERO」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「HERO」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「HERO」に関する情報を

⇒武士の一分
⇒映画「HERO」
⇒木村拓哉と松たか子
⇒「HERO」出演者/キャスト
⇒連続ドラマ「HERO」
⇒「HERO」特別編
⇒コラム「HERO」
⇒ニュース 木村拓哉
⇒壁紙「HERO」
にまとめ「HERO」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

『HERO』興行収入10億!猛烈な勢い!

HERO』興行収入10億!
『ヱヴァンゲリオン』を抜く!


日本映画史上過去最大となる475スクリーンでの公開。
話題の映画『HERO』。

公開初日9月8日(土)から2日間で、
動員約75万人

興収10億円を突破

コレはすごすぎ!
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。
これも話題でもちきりでしたが
初日2日間で約2億8千万円。

映画『HERO』。
2001年、フジTV系列で放送され
大ヒットとなった木村拓哉主演のドラマ
『HERO』の映画版。
ドラマでは、主人公である“型破りの検事”
久利生公平(木村拓哉)が、
事件の大小に関わらず真実を追い求める姿が人気を呼び、
全エピソードの平均視聴率は30%以上を記録。

映画版では今までにない試練の前で
ドラマのレギュラー陣に加え、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、
イ・ビョンホンらの出演も話題。


客層を調べると男女比31:69

年齢別では20代が31.7%と最も高く、
続いて40代20.4%、
30代17.2%、
16歳〜19歳15.9%

と幅広い。
また職業別では会社員が46.5%と約半数を占めた。

鑑賞動機をヒアリングすると、
「テレビシリーズのファンだから」
「内容が面白そうだから」
「木村拓哉のファンだから」
「出演者が魅力的」

という声も多くきかれた。

97.4%がTVシリーズを何らかの形で見ていたと答え、
満足度も98.9%

と近年稀に見る高評価。
客層の広さや口コミでの広がり、
ドラマ人気を考慮すると
100億円も射程圏内といえるメガヒットスタート。

木村拓哉さんや松たか子さん、
頑張って番宣したかいありましたね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54940023

この記事へのトラックバック

hero 画像のご紹介です!
Excerpt: 『HERO』興行収入10億!猛烈な勢い!『HERO』興行収入10億! 『ヱヴァンゲリオン』を抜く! 日本映画史上過去最大となる475スクリーンでの公開。 話題の映画『HERO』。 公開初日9月8日(土..
Weblog: 話題の映画  最新情報!!
Tracked: 2007-09-21 05:02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。