★ Welcome to 映画「HERO」情報 Blog!
このブログでは映画「HERO」に関する情報をお届けします。
「HERO」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「HERO」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「HERO」に関する情報を

⇒武士の一分
⇒映画「HERO」
⇒木村拓哉と松たか子
⇒「HERO」出演者/キャスト
⇒連続ドラマ「HERO」
⇒「HERO」特別編
⇒コラム「HERO」
⇒ニュース 木村拓哉
⇒壁紙「HERO」
にまとめ「HERO」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

最大の敵と法廷

映画版「HERO」。
人気サイクルの早い時代に珍しく、
連ドラ放送時から6年たっての製作。

昨年の夏に特別編を放送しているが
これは30.9%の視聴率。
以前人気は高い。

支持される最大のポイントを考えると。
物事の本質だけをサラリと言ってのける
主人公像(久利生公平)
にある。
泣き落としも説教もない。
ここには
「変化球ではなく、
無回転でオールのど真ん中に突き刺さるような
セリフかシーンがほしい」

という木村拓哉からの要望も反映されている。

映画版のKEYWORDを挙げるとなると。
「最大の敵」と「法廷」

木村拓哉
演じる「久利生」の前に立ちはだかるのは。
刑事事件無罪獲得率日本一の
弁護士・蒲生(松本幸四郎)。
検事あがりで捜査の粘りは
久利生(木村拓哉)そっくりというクセモノ。
2人はある傷害致死事件の裁判で顔を合わせる。
蒲生ほどの大物弁護士が新聞にも大して扱われない事件を
担当していることに久利生たちは疑問を禁じえない。
やがてこの事件の容疑者は
ある大物代議士の事件と絡んでいると知るが、
蒲生の手腕に久利生は窮地に立たされる。

「最大の敵」と「法廷」

今作のキーワード。
法廷でのシーンが多く、すこし地味に写るかもしれません。
しかしそれだけに木村拓哉の窮地に立つ表情や
心情が前面に表れる作品です。

【 HERO 予告編 】

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55403143

この記事へのトラックバック

木村拓哉 ブログ 関連最新情報
Excerpt: ヒステリック グラマー 木村拓哉のご紹介!人気を誇るヒステリックグラマーは、木村...
Weblog: 木村拓哉 画像・動画 最新情報ブログ
Tracked: 2007-09-15 04:43

hero 画像のご紹介です!
Excerpt: 『HERO』興行収入10億!猛烈な勢い!『HERO』興行収入10億! 『ヱヴァンゲリオン』を抜く! 日本映画史上過去最大となる475スクリーンでの公開。 話題の映画『HERO』。 公開初日9月8日(土..
Weblog: 話題の映画  最新情報!!
Tracked: 2007-09-21 05:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。